研究業績

著書

  • 遠山晴一,寒川美奈,石田知也:スポーツによる膝関節の外傷・障害.鵞足炎.下肢のスポーツ外傷と障害.127-133, 中山書店, 2021
  • 寒川美奈:理学的検査.Mobility. スポーツ理学療法プラクティス(小林寛和,片寄正樹,松田直樹編)32-38,   文光堂,   2017. 
  • Samukawa M, Tohyama H, Yasuda K: Future challenges of anterior cruciate ligament reconstruction biological modulation using a growth factor application for enhancement of graft healing. ACL injury and its treatment(edited by Ochi M, Shino K, Yasuda K, Kurosaka M). 523-536,  Springer, 2016.  
  • 寒川美奈:前十字靭帯・後十字靭帯損傷.運動器障害理学療法学テキスト改訂第2版(高柳清美編)南江堂,2014
  • 寒川美奈:種目別の傷害予防トレーニングとその実際.女性アスリートのための傷害予防トレーニング,150-153,医歯薬出版,東京. 2012
  • 寒川美奈:スキー競技.スポーツ理学療法学—競技動作と治療アプローチ.赤坂清和,時田幸之輔編,247-260,メジカルビュー.2012 
  • 寒川美奈:前十字靭帯・後十字靭帯損傷.運動器障害理学療法学テキスト.高柳清美編,89-98,南江堂,2011.  
  • 寒川美奈:スキーにおける膝前十字靭帯再建術後のリハビリテーション.復帰を目指すスポーツ整形外科.宗田大編,71-574,メジカルビュー,2011. 
  • 寒川美奈:競技特性に応じたコンディショニング.スキー.スポーツ損傷予防と競技復帰のためのコンディショニング技術ガイド.山本利春編,347-35,文光堂,2011.
  • 寒川美奈:第4章 運動の機能解剖学.全日本スキー連盟B級コーチ養成テキスト.1-12,全日本スキー連盟競技本部,東京,2009. 
  • 寒川美奈:第10章5 柔軟性トレーニング.全日本スキー連盟B級コーチ養成テキスト.1-14,全日本スキー連盟競技本部,東京,2009.